トップ

事故の加害者になったら

自転車事故の現状

自転車事故の現状と傾向

自転車は、子供から大人まで、気軽に乗ることができる車両です。
免許を取得する必要もなく、自動車のように高額でもないので、どうしても楽な気持ちでハンドルを握ってしまう傾向があるようです。
自動車のドライバーの多くは、自賠責保険に加えて任意の自動車保険にも加入していますが、同じ「車両」であっても、現状、自転車に乗る人は、保険にまったく加入していないというということも、まだまだ珍しくありません。
自転車保険ならこちら。

近年、交通事故の総数は減少傾向にありますが、自転車が関係する事故に絞ってみると、その割合が増加しているのです。
なかでも、自転車対歩行者の事故の増加が著しく、2000年と2010年の統計を比較してみると、交通事故の総数は2割ほど減少しているのに、自転車対歩行者の事故は約1.5倍に増加しているのが現状です。

また、自転車を運転中に事故になった場合の負傷者と死傷者の現状をみると、ある特徴が浮き出てきます。
それは、高校生くらいまでの若年層には負傷者が多く、70歳以上の高齢者には死亡者が多いということです。
若年層は、とっさの時になんとか危険を回避することもできますが、高齢になれば、なかなか思うように体が動かず、危険を回避できなかったり、怪我が重症化しやすく、結果として死亡という結果につながってしまうのです。

交通事故は、当事者同士がそれぞれに交通ルールを守って、安全運転をしていれば、多くの場合、回避できるものです。
自転車は車両であり、自由気ままに乗りこなしてよい乗り物ではありません。
しかし現状では、交通ルールを正しく知らない人や、知っていても、自転車に乗っているときは、なぜか交通ルールを軽視してしまう人が後を立ちません。

2007年に道路交通法が改正され、路側帯を走行する際の進行方向は左側とすることが義務づけられましたが、それさえも守られておらず、逆走している自転車を目にすることもあります。
自転車のハンドルを握ったら交通ルールを守って運転するという基本的なことを、家族や友人同士でいま一度、確認しあいましょう。

Copyright © 自転車事故の現状. All rights reserved.